バストの悩みと改善方法

若いのに胸が垂れるのはどうして?正しい改善方法とは

更新日:

若いのに胸が垂れるのはどうして?正しい改善方法とは

年齢を重ねた女性は胸が垂れやすくなるものですが、まだ若いのに胸が垂れてしまう人も少なくありません。

胸が垂れる原因は年齢だけの問題ではなく、他にもさまざまな要因が関係しています。

この記事では、若い年代でも胸がが垂れる原因と正しい改善方法について詳しく紹介します。

すでに胸が垂れ下がってきたなと実感している方はもちろん、近い将来に備えて垂れ胸予防をしっかりしておきたいと考えている女性は必見の内容なので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

若い女性でも胸が垂れる3つの原因

若いのに胸が垂れるのはどうして?正しい改善方法とは

上を向いてハリのあるバストが女性にとって理想的な胸の形と言えますが、残念ながら年齢を重ねるとともに次第に垂れやすくなるものです。

でも、まだ年齢が若いのに胸が垂れるのは原因があり、自分では気付いていないうちに胸が垂れやすくなる環境にしている人も少なくありません。

すでに胸が垂れ始めてきたと実感している方だけでなく、年齢を重ねてもハリのあるバストを維持したいと考えている方は、以下の垂れ胸を引き起こす原因に該当する項目がないか確認してください。

 

血液やリンパのめぐりが悪化

あまり体を動かしていない人や、日中はデスクワークが中心の人は、年齢を問わずに首や肩のこりを感じやすいですよね。

首や肩のこりは血液やリンパの流れが悪くなっている証拠で、垂れ胸を引き起こす大きな原因の一つになります。

血液やリンパの流れが滞ると、バストを支えている大胸筋や小胸筋などの筋肉が凝り固まってしまい、バストを支えきれなくなる原因になります。

また、バストが必要としている栄養をしっかり届けられず、老廃物がスムーズに排出されない悪循環になり、次第に胸が垂れやすくなるのです。

 

ホルモンバランスの乱れ

胸を構成しているのは乳腺と脂肪ですが、ハリのあるバストを保つためには乳腺の発達が欠かせません。

乳腺を発達させるために必要なのは女性ホルモンですが、ホルモンバランスはあらゆる原因で乱れやすくなるので注意が必要です。

女性は更年期にさしかかるとホルモンバランスが乱れやすくなるため乳腺も衰えてくる原因になりますが、更年期とは程遠い若い年代でもさまざまな原因でホルモンバランスが乱れやすくなります。

特に睡眠不足やストレス、過激なダイエットなどはホルモンバランスを崩す大きな原因なので注意しましょう。

 

ブラジャーのサイズが合っていない

胸を支えるために着用するブラジャーは、自分の体にしっかりフィットしていなければ意味がありません。

体に合ったブラジャーを身に着けていないと、乳腺を支える役割があるクーパー靭帯が損傷します。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりすると元に戻らないため、バストを支えきれなくなって垂れ下がる原因になるのです。

 

ポイント

このように、胸が垂れる原因は年齢には関係ないため、若い頃からしっかりバストケアを行っておくことが大切です。

垂れ胸を予防・改善するためにはどのようなバストケアを行うべきなのか確認してみましょう!

 

胸が垂れるのを予防・改善する3つの方法

若いのに胸が垂れるのはどうして?正しい改善方法とは

垂れ胸を防ぐためには、バストが垂れる原因を確実に改善することが基本です。

まずは無理なく実践できることから取り組み、胸が垂れやすい環境を作らないように意識しましょう!

 

血液やリンパのめぐりを良くする方法

血液やリンパの流れが滞るのは、スマホの見すぎや長時間のデスクワークなどが原因で姿勢が悪くなっていることが考えられるので、定期的にストレッチをするなどして猫背にならないように気をつけましょう。

また、入浴中やお風呂上がりに首や肩、胸周辺のマッサージをするのもおすすめです。

あまり力を入れすぎないようにして、鎖骨の中心から肩へ、胸の中心や胸の下から脇の下へとマッサージをするのがポイントです。

 

ホルモンバランスを整える方法

もともと女性は生理周期や妊娠によってホルモンバランスが変化しやすいものですが、睡眠不足やストレスなどの外的要因によって更にホルモンバランスが崩れやすくなるので、生活習慣に気をつけることが大切です。

食生活の改善はもちろん、しっかり睡眠時間を確保してぐっすり眠れる環境を整えることや、ストレス解消のために適度な運動を行いましょう。

運動を行う際には大胸筋や小胸筋を鍛えるストレッチを行うと、バストを支える土台を作れるので一石二鳥です。

 

自分のサイズに合うブラジャーの見つけ方

自分のサイズに合うブラジャーを着用するためにも、きちんとサイズを計測するのが基本です。

バストが小さめの方は1/2カップまたは3/4カップ、大きめの方はフルカップを選んで、しっかりバストを支えてクーパー靭帯を守りましょう。

また、就寝中は寝返りなどでバストの形が崩れやすくなるので、ナイトブラを使って夜もクーパー靭帯を守ることが大切です。

 

胸が垂れるのは加齢だけじゃない!若い女性も早めのケアが必要

若いのに胸が垂れるのはどうして?正しい改善方法とは

胸が垂れるのは加齢だけではなく、リンパの流れと血流の悪化や、ホルモンバランスの乱れ、間違ったブラジャーの選び方なども原因になるため、若い年代の女性でも起こりうる問題です。

しっかりバストケアを行っていると垂れ胸の改善や予防に役立つので、バストが垂れない環境を整えられるように、できることから少しずつバストケアを始めてみませんか?

Copyright© 【ヴィアージュ】ブラの効果と口コミ評判まとめ|辛口調査! , 2019 All Rights Reserved.