バストの悩みと改善方法

ジョギングをすると胸が垂れる原因と予防法

更新日:

ジョギングをすると胸が垂れる原因と予防法

ジョギングをしばらく続けていたら健康的になったけど胸が垂れてきた……と感じる女性も多いですよね。

実は、胸が垂れる原因はきちんと対策をしないままジョギングを行っているからなのです。

この記事では、ジョギングをすると胸が垂れる原因や垂れ胸を防止するための具体策を詳しく紹介します。

ジョギングをして健康維持や美容に役立てながらキレイな胸の形をキープしたいと考えている方は必見の内容なのでぜひ参考にしてください。

 

ジョギングをすると胸が垂れる2つの原因

ジョギングをすると胸が垂れる原因と予防法

ジョギングをすると胸が垂れる原因は2つ考えられます。

きちんと対策をしないままジョギングするとバストの形が崩れやすくなるので、なぜ胸が垂れてしまうのかをしっかり確認しておきましょう。

 

有酸素運動で脂肪が燃焼される

ジョギングは体内に酸素を取り込みながら余分な脂肪を燃焼させる有酸素運動の一つで、胸を構成しているのはほとんどが脂肪です。

つまり、ジョギングを行うと胸の脂肪が燃焼されて小さくなる可能性が高いのです!

余分な脂肪だけがうまく燃焼されると良いのですが、肝心なお腹やお尻の脂肪がなかなか落ちないのに、胸がどんどん小さくなって皮膚が余り垂れ胸になることが考えられます。

 

クーパー靭帯に大きな負担がかかる

バストの形をしっかりキープするために重要なのが、クーパー靭帯と呼ばれる組織です。

クーパー靭帯はコラーゲンから作られる線維状の組織で、ゴムのように柔軟に伸び縮みするものではないため、衝撃で伸びたままになったり、最悪の場合は切れたりします。

クーパー靭帯を損傷させる大きな原因は、バストの揺れです。

ジョギングは普通に歩いている時よりも着地時の衝撃が大きく、バストが激しく揺れやすい特性があります。

ジョギングで走るたびにバストが上下左右に揺れるため、クーパー靭帯にも大きな負担がかかって損傷し、胸をしっかり支えきれなくなり垂れる原因になるのです。

 

胸が垂れるのを予防できる正しいジョギングのやり方

ジョギングをすると胸が垂れる原因と予防法

ジョギングは脂肪燃焼効果で小さくなり、クーパー靭帯の負担増で垂れやすくなるため、キレイな形のバストを維持したい方は注意しなければいけません。

胸が垂れるのを防ぎながらジョギングを実践するためには、以下のポイントを抑えておきましょう。

 

胸周りの筋肉をしっかり鍛える

有酸素運動を行うと余分な脂肪を燃焼させる効果が期待できるのは嬉しいメリットでも、胸の脂肪が減って小さくなるのは避けたいものですよね。

胸の脂肪を確実に減らさない方法は正直なところ現実的に難しいものですが、バストの形をしっかり維持するための予防策としておすすめしたいのが筋トレです。

筋トレは筋力をつけるだけでなく、代謝を高めて太りにくい体質を目指せるメリットがあります。

特に胸周りの筋肉を鍛えているとバストを支える環境を維持できるので、垂れ胸を予防できます。

 

スポーツブラを着用する

ジョギングをする際に普通のブラジャーを着用するのは絶対にNG!

一般的なブラジャーは、垂直方向にバストを支えるように設計されていますが、ジョギングの場合は上下左右あらゆる方向に激しく揺れやすいため、普通のブラジャーでは十分に支えきれません。

特に1/2カップや3/4カップではジョギングの着地衝撃には対応しきれないため、バストが大きく揺れてしまいます。

クーパー靭帯をしっかり守るためにも、バストをしっかり固定して揺れを防げるスポーツブラを着用することが大切です。

スポーツブラの種類はいろいろありますが、以下のような特徴を満たす商品をおすすめします。

  • 自分の胸にしっかりフィットする
  • バスト全体を包み込む
  • ストラップが広め

商品によってフィット感が異なりますが、ジョギングの場合はしっかり固定するのがクーパー靭帯の損傷を防ぐために重要なポイントなので、自分の体に合ったスポーツブラを選択しましょう。

 

昼夜兼用のナイトブラもおすすめ

ジョギングをする時にバストを揺れから守るのも大事ですが、就寝中も寝返りが原因でバストの形が崩れやすいものです。

日中はスポーツブラでしっかり胸を固定していたのに、就寝中はノーブラで無防備な状態にしていては、日中の努力が無意味になってしまいます。

垂れ胸を徹底的に防ぐためには、寝ている時にもナイトブラを着用してバストをしっかり固定させましょう。

ナイトブラは締めつけ感が強すぎないため、寝苦しくて睡眠を妨げる心配はありません。

また、昼夜兼用のナイトブラもあるので、あえてジョギング用にスポーツブラを購入しなくても、十分なホールド力があるナイトブラで大丈夫です。

 

ジョギングをしても胸が垂れることがないように対策しよう

ジョギングをすると胸が垂れる原因と予防法

ジョギングをすると脂肪燃焼効果やバストの揺れによって胸が垂れる可能性が高くなりますが、しっかり対策しておけば垂れ胸を防止できます。

胸が垂れないようにするには、胸周りの筋肉を鍛えてスポーツブラや昼夜兼用のナイトブラでしっかり胸を固定させることが重要なポイントです。

ぜひあなたもジョギングを行う際にはきちんと対策をして垂れ胸を防ぎ、健康的で美しいボディラインを維持しましょう!

Copyright© 【ヴィアージュ】ブラの効果と口コミ評判まとめ|辛口調査! , 2019 All Rights Reserved.