バストの悩みと改善方法

産後に胸がしぼむのはどうして?バストラインを維持するためのポイント

更新日:

産後に胸がしぼむのはどうして?バストラインを維持するためのポイント

妊娠すると今までのサイズよりも確実に大きくなる女性がほとんどで、何もしていないのに胸が大きくなって嬉しい!と喜んでいる方も多いのではないでしょうか。

でも、産後しばらく経つと少しずつ胸がしぼむだけでなく、垂れ胸になってバストの形が大きく崩れる可能性もありますが、子育て中のママになってもキレイなスタイルを維持したいですよね。

そこでこの記事では、産後に胸がしぼむ原因と予防法、キレイなバストラインを維持する方法について詳しく紹介します。

しっかりバストケアを実践していただけると、産後も胸の形を崩さずにキレイな体型を維持できるのでぜひ参考にしてください。

 

産後は胸がしぼむだけじゃない!形も崩れる原因とは?

産後に胸がしぼむのはどうして?バストラインを維持するためのポイント

産後に胸がしぼむ理由はある意味必然的ともいえるため、妊娠中に大きくなったバストサイズをそのままキープするのは現実的に難しい面もあります。

しかし、胸がしぼむ原因をしっかり把握しておけばできるだけバストラインを崩さずにキレイな形をキープする方法を実践できます。

まずは、なぜ産後に胸がしぼんでしまうのか、考えられる原因を確認してみましょう。

 

乳腺の発達がストップするから

そもそも妊娠中に胸が急激に大きくなるのは、女性ホルモンが活発に分泌されて乳腺が発達するからです。

赤ちゃんにしっかり母乳を与えられるための環境が整っている証拠ですね。

発達した乳腺をしっかり守るために脂肪が増えて妊娠前よりも胸が大きくなるのです。

産後は活発に分泌されていた女性ホルモンも徐々に少なくなっていき、乳腺の発達しにくくなりますが、赤ちゃんが母乳を吸っていると乳腺が刺激されているため、まだ胸の大きさはある程度キープできるでしょう。

しかし、赤ちゃんが母乳を必要としなくなる卒乳時期になると、乳腺が刺激されにくくなって母乳を作る必要もなくなるので乳腺の発達がストップし、乳腺を守っていた脂肪も少しずつ減っていきます。

こうして胸はしぼんでしまうのですが、ただ小さくなるだけでなく形が崩れる場合もあるので注意が必要です。

 

産後は垂れ胸になる人が多い理由

産後に胸がしぼむだけでなく、垂れ胸になってがっかりする女性も少なくありません。

垂れ胸になるのは、大きくなった胸がしぼんでしまうため、余った皮膚が垂れ下がってしまうのが大きな原因になります。

風船をパンパンに膨らませてから空気を抜くとシワシワになるのと同じような現象が、産後の女性の胸に起こっているのだと考えてください。

もう一つの大きな原因は、バストを支えているクーパー靭帯が伸び切ってしまうことが考えられます。

クーパー靭帯は乳腺や脂肪と筋肉を支える繊維状の組織で、バストを支えてハリのある形を維持するために欠かせないものですが、衝撃に弱いためバストをしっかり支えていなければ伸び切ってしまう可能性が高いのです。

乳腺が発達して急激に大きくなったバストをしっかり守っていなければクーパー靭帯が損傷して垂れ胸になりやすいので注意が必要ですね。

ポイント

産後に胸がしぼむのは、乳腺の発達がストップすることと、クーパー靭帯の損傷が原因になります。

これを踏まえ、産後もキレイなバストラインをキープするためにはどんな対策が必要なのか確認してみましょう!

 

産後に胸がしぼむのを防ぎながらバストの形を整える方法

産後に胸がしぼむのはどうして?バストラインを維持するためのポイント

産後の胸がしぼむのを防ぐためには、乳腺の発達を促すことと、クーパー靭帯の損傷を引き起こさないことが大切です。

そのためにはどのような対策が必要なのか具体的な方法を紹介しますので、ぜひ参考にして実践してくださいね。

 

女性ホルモンの分泌と血行を促す

妊娠中は赤ちゃんを育む環境を整えるために女性ホルモンが活発に分泌されていますが、産後は徐々に分泌量が減ってきます。

できるだけ女性ホルモンが活発に分泌される環境を整えたいところですが、昼夜を問わずに赤ちゃんのお世話が必要になるため、睡眠不足やストレスでホルモンバランスが大きく崩れるママも少なくありません。

産後はどうしも不規則な生活習慣になりがちですが、ホルモンバランスの調整に役立つな栄養素をしっかり補給して、バストラインの維持にも役立てましょう。

積極的に補いたい栄養素としておすすめなのが、納豆や豆乳などの大豆製品に含まれているイソフラボンです。

イソフラボンは女性ホルモンと似た作用をもたらすといわれているので、産後に乱れがちなホルモンバランスを整えるために役立ちます。

また、余った皮膚が垂れ胸の原因にならないように血行を促すマッサージを行い、ハリのあるバストを保つことも大切です。

保湿作用のあるマッサージ用クリームやオイルを使って、やさしくいたわりながらマッサージをしましょう。

 

クーパー靭帯をしっかり守る

クーパー靭帯が損傷するとバストが垂れる原因になるので、バストの大きさに合ったブラジャーを着用して振動から守ることが大切です。

妊娠中から産後にかけて大きくバストサイズが変化するので、その時に合ったブラジャーを選びましょう。

特に就寝中は寝相の影響でバストに負担がかかりやすいため、ナイトブラを着用するのもおすすめです。

また、適度な筋力を鍛えておくことも大事なので、赤ちゃんをあやすときに腕の力だけで「高い高い」をすると、胸周りの筋肉が適度に鍛えられて赤ちゃんもごきげんになるので一石二鳥ですよ。

 

産後に胸がしぼむのを防いでキレイなバストラインのママを目指そう!

産後に胸がしぼむのはどうして?バストラインを維持するためのポイント

産後に胸がしぼむのは、妊娠中に発達した乳腺が衰えてしまうことと、クーパー靭帯の損傷が大きな原因です。

きちんとバストケアを行っていると胸がしぼんで形が崩れるのを防げるので、ぜひあなたも参考にしてキレイなバストラインを維持しましょう!

話題のヴィアージュ(Viage)はこちら

【ヴィアージュ】ブラの効果と口コミ評判まとめ|辛口調査!

ヴィアージュ(Viage)」は、寝ている時はもちろん日中でもご利用いただけてコスパの良い、バストの悩みを抱えている女性の強い味方になってくれるナイトブラです。

理想的なバストに導く独自の構造で、従来品の約3倍もの伸縮性で快適にお使いいただけます。

すでに販売累計枚数100万枚を突破しており、楽天市場の総合ランキングでも1位を獲得している大ヒット商品です。

ブラちゃん
5種類のカラーが揃っているので、お好みに合わせて毎日使い分けるのもおすすめですよ。

\楽天ランキング18冠達成/
▼ 100万枚突破の本格派 ▼

一部予約販売のため、在庫があれば即ゲット

Copyright© 【ヴィアージュ】ブラの効果と口コミ評判まとめ|辛口調査! , 2019 All Rights Reserved.