バストの悩みと改善方法

授乳をすると胸の形が悪くなる?卒乳後も美バストを維持する方法

更新日:

授乳をすると胸の形が悪くなる?卒乳後も美バストを維持する方法

授乳をすると胸の形が悪くなるから母乳ではなくミルクで育てようとか、卒乳後には胸が小さくなったり垂れたりして形が悪くなったと不満を抱く女性もたくさんいます。

妊娠中から産後にかけて胸の大きさが変わっても、キレイな形をキープすることは十分可能です!

そこでこの記事では、なぜ授乳をすると胸の形が変わりやすいのか断乳後も胸の形をキープするためにはどんな対策が必要なのかなどを詳しく紹介します。

キレイな胸の形を維持したい妊娠中のプレママさんや、現在子育て真っ最中のママは必見の内容なので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

授乳をすると胸の形が崩れるのはなぜ?

授乳をすると胸の形が悪くなる?卒乳後も美バストを維持する方法

妊娠をしたら胸が大きくなって喜んでいたのに、卒乳したとたんに胸がしぼんで垂れて形が崩れてしまった…とがっかりする女性も多いですよね。

授乳をすると必ず胸の形が崩れると思っている人も多いですが、きちんと対策をしていた人はキレイなバストをしっかりキープできています

授乳後に胸の形が崩れる人と、キレイな形を維持できる人の違いは何なのか確認してみましょう。

 

胸の形が崩れる原因・クーパー靱帯

授乳後に胸が垂れるなど形が崩れてしまった原因は、バストを支えるクーパー靱帯が損傷したためだと考えられます。

出産後は赤ちゃんの成長に必要な母乳を作り出すために乳腺が発達して胸がパンパンに張って大きくなったり、赤ちゃんが母乳を吸うと小さくなる…このように、短いスパンで胸の大きさが頻繁に変わるため、負担を与えやすくなります。

また、大きくなったバストをしっかり支えるブラジャーを着用していなかったり、授乳の仕方によっては大きな負担を与えてしまうため、損傷しやすくなるのです。

クーパー靱帯が伸びたり、切れたりすると大きくなったバストをしっかり支えきれなくなり、垂れて形が崩れてしまう原因になります。

 

クーパー靱帯は一度損傷すると戻らない

授乳中はクーパー靱帯に負担を与えやすいため十分注意しなければいけませんが、何らかの影響で損傷を受けると元に戻らないのが胸の形が崩れてしまう大きな原因になります。

特に卒乳後の胸は乳腺の発達がストップして急激に小さくしぼんでしまうため、皮膚のハリがなくなって垂れ胸になりやすいのに、クーパー靱帯が損傷を受けてしまうとかなり違和感のある垂れ胸・離れ胸になってしまう可能性が高くなります。

授乳後もキレイな胸の形を維持するためにも、クーパー靱帯に負担がかからないように正しい方法で授乳することが大切なのです。

 

授乳をしてもキレイな胸の形を維持する方法

授乳をすると胸の形が悪くなる?卒乳後も美バストを維持する方法

授乳をすると胸の形が崩れてしまうから赤ちゃんに母乳を与えない!という選択肢は絶対にNG!

どうしても母乳が出ないなどの理由がない限りは、赤ちゃんの健やかな成長のためにも母乳をしっかり与えることをおすすめします。

授乳後も胸の形が崩れないようにするためには、クーパー靱帯に負担を与えない方法をしっかり守れば大丈夫です!

卒乳後もキレイなバストを維持するためにも、以下のポイントを抑えておきましょう。

 

授乳の姿勢

授乳をすると赤ちゃんに引っ張られてクーパー靱帯が伸びきってしまう可能性もあるので、正しい姿勢を守ることが大切です。

赤ちゃんが吸いやすく、ママも楽な姿勢で授乳できるように授乳用枕で高さを調整しながら最適な姿勢を見つけてください。

正しい授乳姿勢のコツは赤ちゃんとバストの高さが同じくらいになると、赤ちゃんに引っ張られるのを防ぐことができます。

横になって添い寝スタイルで授乳する添え乳は、ママの体調が悪い時にはとても楽なのですが、毎回添え乳をすると胸の形が崩れやすくなるので注意しましょう。

 

バストのサイズに合ったブラジャーを着用する

授乳中は妊娠前よりもかなりバストサイズがアップしているので、妊娠前に使っていたブラジャーは使えません。

必ず現在のバストサイズに合ったブラジャーを着用しなければいけませんが、授乳中はバストサイズが微妙に変化しやすいので適宜サイズ調整しやすいブラジャーを着用することをおすすめします。

特に授乳用ブラはホックなしのハーフトップタイプや、通常のブラジャーに近い形状でホールド感を重視したタイプなどいろんな種類が市販されていますので、あなたのサイズにぴったり合うブラジャーを選ぶようにしてください。

なお、就寝中もしっかりバストの形を維持できるようにナイトブラを着用した方が良いのですが、もともと締め付け感がなくて適度なホールド感でバストを守れるアイテムなので、授乳中でも違和感なく活用できますので、ぜひナイトブラも合わせて活用しましょう。

 

卒乳後でもバストアップは可能!

授乳中はバストサイズが大きいままでも、卒乳後は乳腺の発達がストップするため急に小さくなってきます。

皮膚が伸びきったように垂れてしまうのはイヤなので、卒乳後も大きなバストをキープしたい!と考えている方は以下の方法をお試しください。

 

正しいバストケアのポイント

  • 体に合ったブラジャーを着用してクーパー靱帯を守る
  • バストマッサージでリンパや血液の流れをよくする
  • バストの成長に役立つ栄養を補給する(大豆イソフラボンなど)
  • 腕立て伏せなどの筋トレでバストの土台を整える
  • 質の良い睡眠を心がける
  • ストレスを溜め込まない

 

これらはバストアップに必要な基本的な要素なので、子育ての合間を見ながらバストケアを意識しましょう!

 

授乳をしても胸の形を維持できる!正しいケアで美バストを守ろう

授乳をすると胸の形が悪くなる?卒乳後も美バストを維持する方法

授乳をすると胸の形が崩れる原因は、授乳中の姿勢などの影響でバストを支えているクーパー靱帯が損傷するためです。

授乳をしてもキレイな胸の形をキープするためには、正しいバストケアを行っていれば良いです。

忙しい子育ての合間でも実践できるバストマッサージや筋トレなどのバストケアを実践して、ママになっても美バストを維持できるようにお手入れを続けてくださいね。

 

話題のヴィアージュ(Viage)はこちら

【ヴィアージュ】ブラの効果と口コミ評判まとめ|辛口調査!

ヴィアージュ(Viage)」は、寝ている時はもちろん日中でもご利用いただけてコスパの良い、バストの悩みを抱えている女性の強い味方になってくれるナイトブラです。

理想的なバストに導く独自の構造で、従来品の約3倍もの伸縮性で快適にお使いいただけます。

すでに販売累計枚数100万枚を突破しており、楽天市場の総合ランキングでも1位を獲得している大ヒット商品です。

ブラちゃん
5種類のカラーが揃っているので、お好みに合わせて毎日使い分けるのもおすすめですよ。

\楽天ランキング18冠達成/
▼ 100万枚突破の本格派 ▼

一部予約販売のため、在庫があれば即ゲット

Copyright© 【ヴィアージュ】ブラの効果と口コミ評判まとめ|辛口調査! , 2019 All Rights Reserved.